« 長いトンネルをぬけて(*^_^*) | トップページ | 吹雪の週末 »

道をひらく

松下幸之助さんの本です。
何かの本を読んでいるときに、このタイトルが目につきました。
「読んでみたい。」
本には、何か惹きつけるのもがあるのでしょう。
直感なのかな。
たいてい、選んで読む本は
今の自分の心情を代弁してくれるものとか、
自分の憧れあったり、絶対に自分では描けない世界だったりします。
ただ著者といい、タイトルと言い
すごく「堅苦しい」というイメージはあったのです。
自分の読みたい本のリストにメモされてから半年。
たまたま、お店でみかけ開いてみると
自分のイメージしていたものとずいぶん違いました。
それで、読んでみようと思ったのです。
昨日、図書館から借りてきました。
本は、昭和42年に発行されたもの。約40年前のものです。
もちろん、年期が入っており
これまで想像できないぐらいの人たちの
手にふれたものだということを感じました。
定価は240円。
”逆境は尊い。しかし順境もまた尊い。
要は逆境であれ、順境であれその与えられた境涯に
素直に生きることである。”
最近読んだ、小林正観さんの言葉にとても似ていました。
何十年たっても、何百年たっても
人間の根本となるものは変わらないのではないかな。

層雲峡へ行って来ました。
朝陽リゾートはお気に入りのホテル。
土曜日は、吹雪だったけれどバスは順調に動いて
予定通りに到着。
札幌駅、午前11時半発なので
その前に、サンドイッチとロールケーキを買う。
チーズとローストビーフのサンド。
楽しい温泉旅行をさらに盛り上げてくれる。
大丸デパートでは、幸運を呼ぶペンダントがワゴンで販売されていた。
馬蹄に、動物やアクセサリ、建物のチャームがついたペンダント。
チャームによって、健康運だったり、金運だったり、恋愛運だったり。
外国人のお客さんもワゴンに近づいてきた。
もちろん、ペンダントの意味は分からない。
そこで、わ~い!英会話のチャンスだ~!と思い、
ペンダントの意味を説明。
彼らが手に取ったのは、亀と蛇。
う~ん、これは金運と健康運。
すると、すぐ手に取ってレジへ。もしかして、売り上げに貢献したのかな?

約4時間ほどで層雲峡に到着。
途中、砂川オアシスパーキングエリアでは
スイーツの試食を楽しんだ。
バームクーヘンや生チョコ、シュークリームなどなど
もう紅茶を持って歩きたいぐらいのスイーツが並んでいる。
旭山動物園のグッズも販売されており
行っていないのに、まるで行って来ましたと言わんばかりの
おみやげがいっぱい。

層雲峡では、氷曝まつりを開催していた。
夜には花火大会。
もちろん、凍るほど寒いので
しっかり観るには、スキーウエアが必要。
私たちは、リゾートホテルから、朝陽亭までのシャトルバスの中から眺めた。
さらに、朝陽亭の大浴場からも
ライトアップされた氷曝まつりを楽しむことができました。
とても美しい。これだけの寒さゆえの美しさなのかもしれない。

夕食はビュッフェ。
ジンギスカン、ステーキ、カニ、エビ、茸ご飯、ピザやシチュー
さらに、数々のスイーツ。大満足。
夕食の後は、朝陽リゾートの露天風呂に入り岩盤浴。
恐ろしいほどの汗が出た。これだけ、老廃物がたまっていたのかな?
着ていたものがしぼれるほどの汗。
部屋に戻ってからは、道の駅で買っておいた
ボージョレーヌーボーをいただいた。
まるで幸せを絵に描いたような顔をしていたに違いない。

今朝は朝食前に露天風呂。
男女が入れ替わっているので、岩風呂から檜風呂に。
目の前には、吹きだまりができている。
顔は涼しくて、体は温かい。
朝食も満足。
テーブルに、揚げたてのコロッケを運んでくれるのがまたうれしい。
”いくつのせますか?”と聞かれ
本当はたくさん食べたかったけれど
一つと言った。美味しかった。

出発は午前10時。
それまでお土産を買ったり、ラウンジでコーヒーを飲んだりして過ごした。
日々の忙しさを忘れ、すごくのんびりとできた。
温泉っていいなあ。帰るときいつもまた来たいと思う。
またバスに揺られ、砂川を経由して帰ってきた。
今日は昨日より天気がいい。
また近いうちに行きたいと思った。

|

« 長いトンネルをぬけて(*^_^*) | トップページ | 吹雪の週末 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長いトンネルをぬけて(*^_^*) | トップページ | 吹雪の週末 »