« 穏やかな週末 | トップページ | 汗が・・・ »

画期的な新システム

13日(木)から市立図書館で新しいシステムが導入されます。
自宅のパソコンから本の予約をし、受け取る図書館を指定できるのです。
自分のパソコンから、予約や貸し出し状況が確認でき、
予約した本が届いているかどうかも確かめられます。
昨年の暮れ、市立図書館の利用者が増えたというニュースが流れたとき、
2008年からは、自宅のパソコンからも本を予約できるようになると聞いた時のうれしさといったら!
これまで予約の管理は、自分の手帳に書き込むといった
かなり原始的なものでしたが、これからはマウスクリックでいいのですね。
画期的♪

今週は、4回(月・水・木・金)練習に。
成果が上がらず気分が沈みそうになった金曜日。
もうそろそろ、練習をやめて帰ろうかな・・と思った時
いつも練習に来ている小学生(プロを目指している)のお父さんの
たった一言で、変わりました。
これまで、当たっても納得がいかず
何か、無理がある感じがしていました。
ところが、そのお父さんのアドバイスをもとにスイングしてみると
自然に振れるのです。そして、自然にスピードも。
忘れないうちに、今日も練習に行って来よう(*^_^*)

待ちに待った「不都合な真実」(アル・ゴア著)が届いた。(予約したのは昨年の7月)
難しい本なのかと思っていたけれど
とてもわかりやすい内容で、理解しやすかった。
映画も観てみたいと思った。

「至福の休日」という世界のリゾートホテルを紹介した本を読みました。
これを読んでたまげました。美しい写真ならガイドブックで
何度もお目にかかっています。そしてよくため息をついていたものでした。
ところがこの本では文章が美しい。写真よりも、文章にため息が出るのです。
これほど、ホテルをたたえる美しい日本語ってあるんだなあ・・・。
”自然のリズムや美意識が呼び覚まされていく”
”自然の尊さを五感で感じられる現代の理想郷”
”木の温もりにあふれるインテリアを愛でる”
”自然の存在を芯から感じとることができる”
見かけだけでは、これだけの言葉は生まれないし
かといって、たとえどんなに素晴らしいリゾートホテルライフを送ったとしても
こういう表現はできないでしょうね。センスでしょうか?
美しいものを美しいと感じる感性を育てていきたい
と、いつも思うのです。
(1月に宿泊したクラブメッド・リアビンタンも載っていてとてもうれしかった(*^_^*))

|

« 穏やかな週末 | トップページ | 汗が・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 穏やかな週末 | トップページ | 汗が・・・ »